合格までの最短距離がここにある 夢を叶える第一歩はAMIから

NCLEX-RN合格体験記~看護留学でNCLEX短期合格達成~

私は以前オーストラリアにワーキングホリデーに行っていたことがあり、そのとき高熱を出し現地の病院に行きました。英語が話せなかったので不安でしたが、日本語を話せるオーストラリア人のスタッフが助けてくれ、とても安心しましたし、感動した出来事でした。
その体験から、自分も日本の病院で困っている海外の人を助けたいなと漠然と思うようになりました。
オーストラリアには1年間の滞在でしたが、思うように英語力は伸びず、また留学したいと考えていました。今度は自分のキャリアにつながる留学がしたいと思いAMIに入学する決意をしました。




勉強漬けの毎日は想像以上に大変で体力勝負!

はじめのころは英語での授業にまったくついていけずとても苦労しました。『たぶんこういうこと言っているんだろうな・・・』と憶測で授業を受けていた時期も正直あります。しかし予習で教科書を読み込んでから授業を受けているうちに徐々に耳も慣れていき、英語がスムーズに入ってきて、授業の内容はもちろん、自分で疑問点も質問できるようになっていきました。 入学当初は英文を読解するのにもとても時間がかかっていましたが、徐々に辞書なしで読めるようになっていき、以前は数時間かかっていた予習にかける時間も短縮できるようになりました。
午前中は語学学校に行き、午後からAMIの授業、家に帰って復習・予習という生活は想像以上に大変で体力を使います。そのため体調管理がとても大切です。しっかり食べ、しっかり寝る、あたりまえのことが文化も天候も慣れない土地で生活していくためには結構重要だったりします。

先生とスタッフの方のおかげで無事に半年間過ごすことができました

AMIの先生方、スタッフの皆さんは温かく思いやりがあってすばらしい方々ばかりです。授業でわからない点があれば理解するまで教えてくださり、常にわかりやすい教材や問題集などを提供してくださいました。私達生徒が授業の中もっと問題を解く時間が欲しいと言えば、カリキュラムを組み直しその時間を設けてくれたり、常に私達にとって最善の道を開いてくださいました。
また、授業以外でもNCLEX受験の細かい手続きから食事、LA生活の楽しみ方など、多岐にわたり支えてくださりました。
渡米3ヶ月後に、本気で日本に帰ろうかと悩んだ出来事があった時も全力でサポートしてくださり、先生とスタッフの方のおかげで無事に半年間過ごすことができました。

”苦手分野を作らない”のがNCLEX必勝方法の1つです

自分の苦手分野を知り、それを克服することが大切だと思います。私は精神看護学と薬理学が苦手でとても苦労しました。アメリカの精神看護は日本より細分化されていて文化も違います。そのため患者さんの症状別のコミュニケーションの取り方、接し方など日本とは違う部分に最初は戸惑いました。しかし問題を解いて解説をみていくうちにアメリカでの精神看護の考え方、あり方などが徐々理解できるようになってきました。
薬理学は暗記カードを作成したり、薬理の問題だけ毎日最低でも20~30問は解くように努力しました。 受験間近になった頃は週末をまるごと薬理だけに使った時もあります。
”苦手分野を作らない”というのはNCLEX必勝方法の1つだと思います。 AMIの後半は予習のReadingは週末にまとめて行い、月曜日~金曜日は授業の復習と1問でも多く問題を解くようにしました。そうしたことでNCLEXの傾向と対策がわかり、その中でまた自分の弱点を理解し強化に努めることが出来ました。
授業でココは重要、と教えてもらったところや検査の正常値などは紙に書いて部屋の壁に貼り暗記しました。
毎日新しくて多くのことを学ぶので必死になってしまいますが、自分の中でのONとOFFの切り替えは大切だと思います。ONのときは集中して取りくみ、OFFのときは勉強のことは考えず大好きな海外ドラマを見たり、サンタモニカのビーチに行ってぼーっとしたり、友達とドライブに行ったり、ヨガで汗を流したりし気分転換をしていました。頑張っている自分にごほうびをあげることも大切です。わたしの場合は大好きなコリアンフードとホイップクリームでした。

やればやっただけプラス!努力は裏切りません

NCLEXに合格するための勉強は本当に大変です。時に『なんでわたしこんなに辛いことに挑戦してるんだろ・・・』と投げ出したくなることもあります。でもやればやったぶん自分にプラスになります。そして正解率が上がってくる快感を味わえます。努力は裏切りません。ぜひ皆さんもNCLEXに打ち勝ってください!

LA生活で培った”いつも前向き”精神を忘れずに!

今後は日本で外国人の患者様のサポートが少しでも出来ればと考えています。そのためにも英語の勉強はずっと続けていこうと思っています。
あとはLA生活で培った”いつも前向き”精神を忘れずに、これからも頑張っていこうと思います。